CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
みんなのブログ
TIME
Search this site


季節ごとに移りゆく花々の日記
<< ウィーン・プラハ旅行・7日目・その4 | TOP | ウィーン・プラハ旅行・8日目 >>
ウィーン・プラハ旅行・7日目・その5

🎻市民会館でお食事&コンサート🎻

*市民会館内カフェ・オベツニー・ドゥームで粋なピアノ演奏を聴きながらお食事

 

*コンサートまで時間があったので周辺をお散歩、今回は2回ここに足を運びました。

 

*市民会館内、とても素敵な会館内、真ん中下ーとても豪華で素敵なエレベーターでした。

 

*スメタナホールでコンサート、チェコフィルやプラハ交響楽団のメンバーからなる室内合奏団。

 

プラハ最後の夜はゆっくりとチェコ料理を味わってと思って、最初の予定ではコンサートを入れてなかった

のですが、色々と調べているとスメタナホールで室内楽のコンサートがある事がわかり、しかも曲目が

グリークのホルベルグ組曲、ドボルザークの二つのワルツ、チャイコフスキーの弦楽セレナーデだったので、

これは是非とも行かなくてはと思い、チケットを買い足してしまいました。 ホルベルグ、チャイコフスキー

共に、違う合奏団ですが、今練習している曲である事と、とても好きな曲なのです。

両曲ともに生演奏で聞くのは初めてでしたし、とても素晴らしい演奏でした。 私達とは違いすぎて参考には

なりませんが、素晴らしい演奏を聴いて耳を肥やすことは、決してマイナスにはならないと思います。 

とても驚いた事に、今回の旅行でこの時以外のオペラやコンサートはほぼ満席だったのに、この時はかなり

席が空いていて、演奏者に申し訳ない気がしました。 私達は心からの拍手を送りました。 やはりチェコ

ではロシアの作曲家は人気が無いのでしょうか。

順番が逆になってしまいましたが、この時初めて頂いたチェコ料理のスヴィチュコヴァー・ナ・スメタニュと

いうお料理ですが、とても美味しかったです。 ボイルした牛フィレのスライスにクリームソースがかかって

いて、それにクネドリーキ(蒸したパン)が添えられていて、パンにソースをつけながら頂くお料理です。 

チェコで絶対に食べようと思っていたクネドリーキでしたので、クネドリーキと発音したらお店のスタッフに

発音を訂正され、それを4回位繰り返しました。 割とチェコの人はいい加減では許してくれないのだと思いました。

主人は食べ物に対してはあまりチャレンジしない方なので、またしてもシュニッチェルにしましたが、私が

クネドリーキというパンをオーダーしていたので、それをと言うと、それはシュニッチェルには合わないからと

OKしてくれませんでした。 "Potato, please." と言うとやっとOKしてくれましたが、私はガイドブックでチェコ

の人は食べ物にうるさくて、合わないものをオーダーすると色々と言ってくるこだわりがあると読んでいたので、

まさにこれかと思いました。 決して感じが悪い訳ではなく、美味しいものを食べて欲しいという気持ちから

来るものだという事なのは十分に伝わってきました。 

プラハ最後の夜に美味しいチェコ料理を食べて、素晴らしい音楽を素晴らしいホールで聴けて、最高に良い気分で

ホテルに帰ってきました💛

posted by Violet | 21:56 | プラハ | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 21:56 | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://rsviolet.jugem.jp/trackback/2318
トラックバック