Flower Reports

季節ごとに移りゆく花々の日記

ウィーン旅行・6日目・その2

♪国立歌劇場・見学ツアー♪

☆パリ、ミラノと並ぶヨーロッパ三大オペラ座の一つ、外観はパリのオペラ座の方が豪華でした。

 

☆誰ですか? こんなおふざけをしているのは? 流石大阪の夫婦だわ!

 真ん中上は中央階段。

 

☆控えの間とか幕間にお茶をするスペースがあったりしました。

 

☆劇場の中に入る。天井画があるかと思いましたが、それはありませんでした。 パリのオペラ座は確か

 シャガールの天井画でしたよね。 日本と違って周りを取り囲むボックス席が素敵です。

 舞台裏も見てきましたが、流石オペラ座ですので、奥行きもすごくありました。

 

残念なことに7,8月はオペラはシーズンオフなので、オペラ公演はありませんでした。ただ私達が

聞いたウィーン・モーツアルト・オーケストラは楽友協会とオペラ座と両方で交代にしていたので、

こちらで聞くことも可能でしたが、主人がどうしても楽友協会で聞きたいと言ったので譲りました。

またもう一度ウィーンに来て、やはりここではオペラを鑑賞することを夢見て、座席に座ってみました。

40年位前にインスブルグ(田舎)のオペラ座で、ボックス席に座って、ワーグナーの「ローエングリン」

を鑑賞した事があるのですが、第三幕への前奏曲と結婚行進曲だけは知っているものの、急遽決めた事で

ストーリーを全く知らず、雰囲気は存分に味わったものの、全く分からなかったと言う経験があります。

オペラは歌舞伎と同じく、内容をしっかりと知った上で鑑賞するものなのですね。

再訪する事を固く心に決めて、オペラ座を後にしました💛

▲top.  comments(0).  trackbacks(0).

スポンサーサイト

▲top.  -.  -.

:: Comment ::

この記事へコメントする

      

:: Trackback ::

この記事へのトラックバック
<< ウィーン旅行・6日目・その1homeウィーン旅行・6日目・その3 >>