Flower Reports

季節ごとに移りゆく花々の日記

蓮の花

蓮早朝観蓮会蓮

☆娘のブログより(写真)

 

娘は万博公園が大好きで子供連れでよく行っています蓮

今回は早朝観蓮会と言って、蓮の花は朝早くポンと言う音をたてて咲くそうで、それを見に行ったみたいです蓮

父もこの早朝観蓮会によく行っていた事を思い出します蓮

早朝が苦手な私は、娘の写真で楽しませてもらっています蓮

蓮の花は単に綺麗と言うだけでなく、何か神々しさを感じさせますハート

 

ウィキペディアより

ハスの花、すなわち蓮華は、清らかさや聖性の象徴として称えられることが多かった。

「蓮は泥より出でて泥に染まらず」という日本人にも馴染みの深い中国の成句が、その理由を端的に表している

▲top.  comments(2).  trackbacks(0).

エキスポシティ・観覧車

観覧車OSAKA WHEEL☆EXPOCITY観覧車

☆昼間のエキスポシティ&観覧車

☆夜のエキスポシティ&観覧車

 

今日は109シネマズ大阪エキスポシティで「ロクヨン・前編」の映画を見た後、7月1日にオープンした

ばかりの観覧車に乗ってきました観覧車  高さが123mあり日本一を誇っているそうですが、一周するのに

結構時間がかかり、北摂の夜の景色を存分に楽しむ事が出来ました観覧車  娘から床がスケルトンで怖いって

聞いていましたが、確かに高く昇っていくと足がすくむ思いをしました観覧車

千里の街に住む方なら、一度乗ってみる価値はありますねハート

この場所はかつてエキスポランドがあった場所、ある時は友人と、ある時は幼き頃の娘と訪れたことがあり

ますが、そんな所に新たにこんな施設が出来たかと思うと、当時が懐かしいと思うと同時に、流れた時の

長さにただただ驚くばかりですビックリマーク

▲top.  comments(0).  trackbacks(0).

久しぶりの万博公園

音符娘親子と共に音符
     
☆森の列車・パークトレイン                   ☆吹田市の産物・クワイのお人形・「すいたん」

☆園内を走るパークトレイン(娘とお兄ちゃんが乗車)      ☆パンジーでかたどったEXPO70のマーク(とても懐かしい)

☆一輪だけ咲いているチューリップ                  ☆池の向こうに見えるのは民俗学博物館

今日は娘親子に付き添って、久し振りに万博公園に行ってきました音符
万博内で電車の催し物があるというので、電車好きのお兄ちゃんの希望だったのですが、結局阪急電車のミニ
トレインなどには興味は示さず(本人曰くー本当の阪急電車によく乗るもん!)、広い敷地内で思いっきり
遊びまわったという感じでした音符
私はベビタンのお守り役で、ずっとあやして遊んでいましたが、とても愛想の良いベビタンで、あやしたら
あやしただけ笑顔で答えてくれるので、相手のし甲斐があるというものです赤ちゃん
お昼はお弁当を広げて皆で頂きましたが、暖かい日差しを浴びながら、戸外でのお食事はとても気持ち良く
最高に美味しいものでしたハート
▲top.  comments(0).  trackbacks(0).

万博公園のお花

梅梅とクリスマスローズ梅

☆枝垂れ梅が満開で美しい!
☆写真提供―Violetの娘
☆大好きなクリスマスローズ、さすが万博公園、沢山のお花が咲いています!
 いつも俯き加減に咲いているのが可愛らしいのですが、カメラマン泣かせなお花です!

2年前に万博公園の枝垂れ梅の満開の時に訪れましたが、今年は残念ながら行けていません梅
娘がベビタンと訪れて、写してきた写真があまりにも綺麗だったので、拝借しました梅
綺麗なものは出来るだけ多くの方に見て頂こうと思いまして・・・ハート

 
▲top.  comments(2).  trackbacks(0).

万博公園の夜桜

初めての夜桜見物

 

夜は主人と万博公園の夜桜を初めて観賞してきました
昼間の万博公園の桜は一昨年見ましたが、昼間とはガラッと様相が変わり、沢山のライトに照らしだされた桜は幻想的な雰囲気を醸し出していました 
▲top.  comments(6).  trackbacks(0).

万博公園の梅林 in 2013

梅の花の見頃


先日主人と万博公園の梅の花見に行ってきました
風は少し強かったのですが、晴天に恵まれ、青空をバックに満開の梅を満喫することが出来、また写真を綺麗に撮ることができました
去年は娘親子と行ったのですが、万博の梅林を訪れたのは初めてで、とても綺麗で感激でした  ただ去年は枝垂れ梅が全く咲いておらず残念だったのが、今年はまさに満開で見事な枝垂れ梅を鑑賞する事が出来ました
梅の木と言えば、接ぎ木と言って、一本の梅の木にピンク色の花の付いた枝と、白の花の枝が付いた木を見かける事はあります でもこの一番下の写真は、一本の枝に白とピンクの花が交互に咲いていて、どうすればこんな風に出来るのかとても不思議でした
梅は白、ピンク、濃いピンクと色に変化があって、そのコンビネーションを楽しめ、咲いている期間も長く、桜とはまた違った楽しみ方が出来ていいですね


☆写真を加工してちょっとお洒落な写真を作ってみました☆

 

▲top.  comments(6).  trackbacks(0).

初夏の万博公園

バラ園と日本庭園


今日は薄曇りのお天気だったので、主人と娘親子と万博公園のバラ園と日本庭園を訪れました
バラ園は少し最盛期を過ぎていましたが、種類によってはまだまだ綺麗に咲いているバラもありました
日本庭園は新緑がとても美しく、池の中の大きな鯉達も気持ち良さそうに悠々と泳いでいました
孫ちゃんは初めて間近に見る大きな鯉に怖気づく事もなく、楽しげに眺めていました(因みにお魚は孫ちゃんの大好物なのです・・・美味しそうに見えたのかな???)
自然が豊かな万博公園のマイナスイオンをいっぱい浴びて、新緑に癒された一日でした 
▲top.  comments(2).  trackbacks(0).

万博公園の梅林

五分咲きの梅




今日はようやく春の訪れを感じさせるような陽気で、娘親子と共に万博公園にある梅林に行って来ました  早咲き、遅咲きの梅がいつまでも寒かったせいか一気にに咲きだしたようで、全体的に見て5分か7分咲き位で、濃いピンク、薄いピンク、白色等の色のコントラストがとても美しく見応えがありました  枝垂れ梅だけがまだ早かった様で、蕾ばかりだったのがチョッピリ残念でした  今日の写真をまたデジブックにしてお披露目しようかなと思っております
最後の写真は”EXPO70 ”の時に岡本太郎氏のデザインによって作られた「太陽の塔」ですが、今でも万博公園のシンボルとなって、40年余りの間ずっと、守り神の如く千里の街を暖かく見守ってくれているように思います


☆梅の花言葉ー高潔(nobility)、上品(grace)、忍耐(patience)、厳しい美しさ(stern beauty)、艶やかさ(fascination)
 結構沢山あって、英単語の復習みたいになりました! Let's review English words!


 

▲top.  comments(2).  trackbacks(0).

万博公園の紅葉

紅葉渓


今日は娘withベビタンと共に万博公園に紅葉狩りに行って来ました
平日の午後という事もあって、紅葉の最盛期というのに、人もまばらでゆっくりとした気分で紅葉の美しさを楽しんできました
去年も同じ場所を訪れたのですが、この辺一帯にソラード(空中探索路)と言ってかなり高い所に渡り廊下のようなものが作られていて、森の中に迷い込んだ様な状態で上の方から紅葉を眺めました  今日はそのソラードの下からの眺めで、また趣が違っていてとても素敵でした
勝尾寺では遠景を撮ってきたので、今日は紅葉の近景の撮影にチャレンジしてみました 
燃えるような赤と言っても、真っ赤な葉、黄色っぽい葉、まだ緑っぽい葉等、微妙な色のバリエーションがとても素敵な景色を作り出していました
2枚目の写真の真ん中辺りに「トンボ」と呼ばれる楓の種子がぶらさがっていて、とても可愛らしかったです  風が吹くとハラハラと風に乗って、遠くまで飛んでいくのでしょうね
  
今年の紅葉はあまり楽しめないかと思っていましたが、結構堪能させて頂きました
▲top.  comments(4).  trackbacks(0).

コスモスの花

万博公園コスモスフェスタ


 
今日は娘withベビタンと万博公園コスモスフェスタに行って来ました  風のない穏やかな秋晴れの一日で、コスモスの写真を撮るには最適の日でした  お花の写真を撮るには風は大敵で、特にコスモスのような茎の細い花は風にゆらゆらと揺れて、そこがまた可愛らしいのですが、写真を撮る際には困りものです
コスモスは大好きなお花の一つですが、うちの庭には植えておらず、この時期には万博公園で楽しませてもらっています
かなり広い小高い丘一面のコスモス畑で、丁度見頃という事もあって、満開のコスモスの花は真っ青な空に映えてとても美しく、堪能させて頂きました
ベビタンは美しいお花に囲まれて、外気浴を楽しんでいる様子でした

帰りに小野原にあるベーカリーショップ・サニーサイドに寄って、お昼御飯のパンを買ってきました  あまりイケテイルパン屋さん風情ではないのですが、意外とここのパンは美味しいと思います  写真の左下のパンはハード系のパンのチキンサンドですが、バジルの味がきいていてとても美味でしたし、右下の緑色のクリームは抹茶ではなくてピスタチオのクリームでこれもまた美味でした

 

▲top.  comments(0).  trackbacks(0).
|1/2 PAGE|>>