CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
みんなのブログ
TIME
Search this site


季節ごとに移りゆく花々の日記
ドラマ・オスマン帝国外伝

🏰最近はまったドラマ🏰

*写真下右ー左から帝王スレイマンの妹の皇女ハティジェ、帝王スレイマン、王妃ヒュッレム

 

実は最近とてもはまったドラマがあります。 コロナで何もかもが中止となり家籠りを強いられていた3月

頃、あまりにも暇で、何気に見ていたBSの日テレで放送していたドラマ「オスマン帝国外伝」です。 

私が見始めたのはシーズン1の終わりごろからでその後シーズン2、シーズン3と続き、それが9月初めに

終了となりました。 シーズン4もあるのですが、有料となる事と、このドラマのヒロインのヒュッレム役が

事情があって交代となってしまい、シーズン3の最後に新しい方が登場しましたが、あまりにもそれまでの

ヒュッレム役の印象が強く、イメージが全然違うので、続編を見る気が失せてしまいました。

でもここまで約半年間月曜日から金曜日まで毎日、ビデオに撮っておいて毎晩のように夕食後、「オスマン

トルコにいってきま〜す!」と言って、主人と別部屋で一人で楽しんできました。

ドラマの内容はオスマントルコを最盛期に導いたスレイマン皇帝の快進撃、周辺諸国だけでなくヨーロッパ

まで進撃し、歴史的には「ウィーン包囲」として有名で、結局は撤退していますが、ヨーロッパの国々にも

脅威となりました。 そのスレイマン皇帝をめぐる女性たちの宮廷闘争劇がトプカピ宮殿を舞台に繰り広げ

られる訳ですが、写真にもあるように素晴らしい衣装、建造物の外観、内観と今まで見た事のないイスラム

独特の世界が繰り広げられ、見ているだけでも美しく興味深く楽しいものでした。 その上に皇帝スレイマン、

第一王妃マヒデブラン、第二王妃ヒュッレム、第一王妃の息子・ムスタファ王子、第二王妃の長男・メフメト、

次男・セリム、三男・バヤズィト、四男・ジハンギル、長女のミフリマーフ、皇帝の姉妹のシャー皇女、

ハティジェ皇女、そしてハティジェの夫で大宰相のイブラヒム等それぞれにしっかりとしたキャラクターが

あってとても素敵な俳優さんばかりでしたので、とても興味深く見る事が出来ました。 これ以外にも宦官や

付き人や相当に沢山の魅力ある登場人物がいました。 最近「オスマン帝国」の本も読み始め、これはドラマ

とは関係なくオスマントルコの600年の歴史を書いたもので、600年の長い歴史の中で皇帝の名前が同じで

あったり、とてもややこしくなかなか読み進めず、やっとドラマで登場するスレイマン皇帝やヒュッレム妃、

イブラヒム大宰相、そしてスレイマンの後を継ぐセリム皇帝のところまで来ました。(この本は面白くないです)

そして本にも出ていましたが、何人かの王子の中で王位を継ぐのは一人だけで、それ以外の王子は殺されてしまう

というのがオスマン帝国の伝統的なやり方で、とても残酷でそれ故に王宮内で王妃達が色々と画策したり、裏切りが

あったり、処刑というものが行われたりする訳です。 そこのところは受け入れ難いものでしたが、それ故かも

知れませんが王子達は若い頃(まだ子供に見えました)から戦場に連れられて、戦いを見て、士気を高めるよう

教育されていたのも印象的でした。 またスレイマン皇帝が変装して、民衆の中に入り、民衆の声を聞いていた

のも印象に残っています。 またスレイマン皇帝は立法王とも言われ、イスラム長老のエビュッスウードの主導の

もとに色々な制度やイスラム法を整備されたそうで、エビュッスウードという方もドラマでよく登場していました。

とても長くなってしまいましたが、自分の全く知らないイスラムの世界にどっぷりとはまった半年間で、実は娘も私の

影響でこのドラマにはまった一人で、時々二人でオスマン帝国談議をしていますが、今二人ともオスマン帝国ロス

の状態にあります💛   

posted by Violet | 10:53 | その他 | comments(1) | - |
お盆

❁お供えのお花と果物❁

 

お盆と言えば一般的には8月13日から16日をさすので、ちょっと早い目ですが、今日主人の方の

お寺さん(と言っても地元の宗派の同じところ)がお参りにきてくれる事になっています。

普段出来ていないお仏壇のお掃除をし、お坊さんへのお茶菓子、お布施を用意し、お花や果物の

お供えをしました。 私自身は姉が早世し、比較的早い時期から家にお仏壇があり、お盆には必ず

お坊さんに来て頂いていたので、お盆の行事はある程度習慣づいています。 最近はこういう事も

簡素化され、遠のいてきている傾向にありますが、親がしなければ次の世代もしないだろうし、でも

うちは娘は無論のこと、何故か孫ちゃん達までもうちに来ると必ずお仏壇に向かって挨拶をし、

チンチンとお鈴(おりん)をよく鳴らしていて、お仏壇に手を合わせる事が完全に習慣化しています。

13日に私の実家の方のお寺さんが来てくれる事になっており、今週はまさにお盆ウィークで、ご先祖

様にゆっくりと過ごして頂きます💛 

posted by Violet | 13:08 | その他 | comments(2) | - |
暑中お見舞い

🌼涼しげなお花達🌼

 

今年は梅雨明けが遅く、いつまでも雨が降ったりやんだりで、やはり色々な事を考えると例年のように

早く梅雨が明けて欲しいですね。 涼し気な色のお庭の花々を集めて、暑中お見舞いのハガキを作った

のでアップします。 最近またコロナの新規患者数が急速に増えてきて、不安が募ってきており、コロナ

お見舞い申し上げますといった感じでしょうか。 子供達もせっかくの夏休みだというのに、思う存分

遊ぶことができなくて残念でしょうね。 早くあの時は大変だったと言える時が来て欲しいです💛

posted by Violet | 11:38 | その他 | comments(0) | - |
ソープカービング

♪石鹸の彫刻♪

 

娘から母の日のプレゼントとして貰ったものですが、石鹸がとても素敵に彫刻されています。 とても良い

香りがしますし、飾っていてもとても素敵です。 ソープカービングはフルーツや野菜、石鹸などを材料に

デザインを彫刻していくタイの伝統工芸だそうで、発祥はタイのスコータイ王朝時代の儀式で宮殿料理を飾る

ために始まり、700年の歴史があるそうです。 そう言えば日本も野菜の飾り切りというものがありましたね。

多分ですが石鹸は柔らかく彫りやすいので、複雑な模様も彫ることが出来るのでしょうか。

彫ると言えば母が木彫をしていて、結構沢山の作品が残っていますが、母は刃物を持つから十分に気を付け

ないといけないけど、彫るって快感よって言って、木屑を出しながら黙々と彫っていた母の姿を思い出しました。

思いがけず母の事を思い出させてくれた、娘からの母の日のプレゼントでした💛

 

💛私のお気に入りの母の木彫の作品💛

        

 

posted by Violet | 16:38 | その他 | comments(2) | - |
懐かしのルチェルン

☆ホテル・シュヴァイツァーホフ・ルチェルン☆

*ルチェルンの街並み、手前が泊まったホテル、湖の向こうにアルプスの山並みが見えます。

 

*夜景のルチェルン湖、美しくライトアップされたホテル

 

*ホテルのエントランス、すごく素敵でした!

 

指揮者のブロムシュテットさんが住んでおられるルチェルンの街、45年前に訪れた事があるので、とても

懐かしく色々と調べてみました。 ルツェルンは、スイス中部に位置し、ルツェルン湖・ピラトゥス山・リギ山に

囲まれた美しい街です。 そのルチェルン湖にかけられた木造のカペル橋は14世紀に造られた世界最古の

木造橋と言われていましたが、1993年に焼失し今はその後に作り替えられた新しい橋が架けられているそう

ですが、私がその橋を渡ったのは1976年なので古い橋を渡ったことになります。

私がルチェルンに滞在した2日目の朝、自由時間だったので何処か少し遠くに行く予定でしたが、私と友人は

お寝坊をしてしまい朝早くに出発できなくて、それならばゆっくりとルチェルンの街を散策しようという事に

なって、二人で可愛いお土産物屋さんに立ち寄ったり、ルチェルン湖をフェリーに乗って湖畔の美しい景色を

眺めながら対岸に渡り、そこからは真っ赤な登山列車に乗ってリギ山に登りました。 登りましたと言っても

ほとんどが列車で登ってしまい、最後少しだけ徒歩で頂上まで登りました。 頂上からはアルプスの山々の

パノラマ風景が見渡す事が出来、思いがけず美しい山々の風景を見る事が出来てラッキーでした。

そしてこのルチェルン滞在で印象に残ったのは、宿泊したホテル・シュヴァイツァーホフ・ルチェルンが素晴らし

かった事です。 ルチェルン湖の湖畔に建ち、お部屋からは湖が一望に見渡せて、内装はお城のように素敵でした。

ネットで今でもあるのか調べてみましたが、ルチェルンの中でも一流の5つ星ホテルとして存在していました。

学生のツアーで何故こんなに良いホテルが組まれていたかは不思議ですが、でも今でも良き思い出として強く残って

います。 いつかまたルチェルンを訪れて、このホテルに泊まる事が出来たらいいのにな〜!

夏に催されるルチェルン音楽祭はとても有名だし、ルチェルン祝祭管弦楽団も有名だし、コンサートも色々とある

のでしょうね。 またヨーロッパでコンサートに行きたい! こんな風に〜したい尽くしの毎日です💛

posted by Violet | 11:11 | その他 | comments(2) | - |
スターウォーズ9

☆スカイウォーカーの夜明け☆

 

大好きな映画のシリーズもの「スターウォーズ」の最新作を見に行ってきました。

今回が最後という事でですが、最初に「スターウォーズ」を見たのは40年以上前のことで、初めて見た

時はあまりの面白さに圧倒されてしまった事を記憶しています。 何のことはないSFアドベンチャー映画

という感じですが、その独特の世界観、音楽の素晴らしさにはまってしまいました。 9作ある中で全部は

見ていませんが、大体は見たと思います。 8作目を撮影した直後にレイア姫役のキャリー・フィッシャーが

他界してしまいましたが、その時に撮影してい映像を今回何シーンか使っていて、何とも言えない思いに

とらわれました。 

"May the force be with you!" という言葉が何度も映画の中で出てくるのですが、「力が貴方と共にあります

ように!」とか「健闘を祈る!」という意味ですが、”May the Star Wars be with you forever!" という言葉を

勇敢で素敵だったお姫様役の今は亡きキャリー・フィッシャーに、感謝の気持ちを込めて捧げたいと思います💛

posted by Violet | 23:17 | その他 | comments(2) | - |
クリスマスツリー&千里中央

🎅ミュージックサロンのクリスマスツリー🎅

*私が通っているミュージックサロンノクリスマスツリー、

 飾りがゴールドだけで統一されていて、とてもゴージャス!

 

*練習場のあるビルの20回から見える千里中央の街

 千中パルの下を北大阪急行(途中からは御堂筋線)が走っています。

 センリトはもとの読売文化センターがあった所で、2年程前に建て替えられました。

 

万博から約50年経った千里中央の街、万博の頃からどんどんと発展していった千里中央ですが、今は

老朽化が進み、かつてはよくお買い物に行ったエメラルド色の千里阪急デパートの後ろに見えるセルシー

ですが、耐震構造に問題があって立て直すことが決まり、今は店舗がすべて閉まっています。

千里阪急デパートとセルシーを繋げて大きなショッピンングセンターを作るという案もあるそうで、そう

なれば便利だと思いますが、それだと工事も大がかりとなり、出来上がるまでに随分と年数がかかる事で

しょう。 練習場の窓から千里中央を見下ろすと、高校、大学、結婚して10年後に千里に戻ってきてからの

色々な事が思い出されて、とても懐かしい思いにとらわれます。 今はまたヴァイオリンを持って、月に4、

5回、千里中央を訪れている事がとても不思議な感じがします💛

posted by Violet | 16:12 | その他 | comments(0) | trackbacks(0) |
クリスマスの飾りつけ

🎅クリスマスツリー・リースetc.🎅

*左のリースは二つとも娘の作品、右のトールペイントのキャンドル、ブルーサンタは私の作品です。

 

 

孫ちゃん達がクリスマスツリーを飾ってくれたので、今年はもうやめようかなと思っていましたが、

クリスマスの色々な飾りをやはり飾ってしまいました。 でもこうして飾る事ができるのは、家族

皆が健康で平和である証拠と思って飾ることにしました💛

posted by Violet | 20:06 | その他 | comments(2) | trackbacks(0) |
手作りのクリスマスリース

🎅クリスマスシーズン到来🎅

*写真右上ー娘手作りのクリスマスリース

*写真左ー私が描いたトールペイントのブルーサンタ、10年以上前に描いたものですが、結構気に入っています。

*写真右下ーこれも私の作品で、クリスマスローズを描いています。

 

娘から自分で作ったクリスマスリースをいただきました。 造花ではなく自然のグリーン、赤い実を

使っているので、地味ではありますが、作り物では無い自然の良さが感じられます。 今年も早くも

クリスマスシーズンの到来で、室内の飾りつけも少しだけしました。 まだクリスマスツリーは飾って

いませんが、孫ちゃん達がしたがるので、皆が来た時にしようと思います💛 

posted by Violet | 13:46 | その他 | comments(2) | trackbacks(0) |
クリスマスシーズンの到来

🎅陶器のクリスマスツリー🎅

 

今日久し振りにお買い物に出掛けましたが、物欲はなくなったとは言え、可愛い物をを目にすると、つい

欲しくなってしまいます。 11月でもすでにお店はクリスマスムード満点になっており、このロイヤル

コペンハーゲンの2019年度版クリスマスツリーがどうしても欲しくなり買ってきました。 クリスマス

シーズンのテーブルオーナメントとして最適の大きさで、とても可愛らしいです。 トップには金色の

お星さまが輝き、ツリーには沢山のキャンドルが灯され、ツリーの足元にはお人形や縫いぐるみのパンダや

色々なプレゼントが置かれています。 幾つになってもクリスマスというのは心躍るものですね💛

posted by Violet | 18:30 | その他 | comments(2) | trackbacks(0) |