Flower Reports

季節ごとに移りゆく花々の日記

錦秋の京都一泊旅行・2日目・その5

🍵茶寮・翠泉🍵

 

京都に来たからには是非とも抹茶パフェを食べなくちゃと思い色々と探したところ、かなり並んだり、

整理券を発行したりとか、とても大変そうだったので、娘が先日京都に来た時に「美味しいのに何故か

空いている茶寮・翠泉」とブログに書いていたのを思い出して、そこに行く事に決めました。

高辻通にある本店で、中に入るとそこそこ賑わっていましたが、並んでいるような事はありませんでした。

私は翠泉パフェ(写真左)をオーダーしましたが、抹茶ソフト、餡、白玉団子、抹茶団子、わらび餅、

抹茶のフィナンシェ(半分)、抹茶どら焼き(少し)等が入っている何とも欲張りなパフェで、とても満足

できました。 主人は抹茶ケーキパフェ(写真右)をオーダーしましたが、これもなかなか美味しそうでした。

これで錦秋の京都旅行は終わりとなりますが、紅葉も堪能出来たし、グルメも満足出来たし、たった一泊に

しては中身の濃い旅行となりました💛

▲top.  comments(2).  trackbacks(0).

錦秋の京都一泊旅行・2日目・その4

🍁ねねの寺・高台寺🍁

*見事な紅葉

 

*遺芳庵ー2年前に高台寺を訪れた時、孫ちゃんのお兄ちゃんがこのお茶室を気に入って、ホテルで

 一生懸命絵を描いてくれた事を思い出しました。確かに何とも可愛らしい形のお家です。

 

*観月台の前の庭園、山を背景に紅葉が綺麗に映えて、石が良い具合に配置されていて趣があります。

 

*秀吉亡き後、ねね様が秀吉を祀る為に建てたお寺だそうです。

 

*池に映っている紅葉も奇麗でしたし、門の向こうに見える紅葉も素敵でした。

 

*高台寺もまさに紅葉の見ごろを迎えており、とても素晴らしい庭園でした。

 帰りにまねきの上がった南座の前を通りました。 師走の京都の雰囲気が感じられました。

▲top.  comments(0).  trackbacks(0).

錦秋の京都一泊旅行・2日目・その3

🌕満月の阿闍梨餅🌕

 

京都に行くとよく立ち寄っている百万遍にある満月というお店ですが、阿闍梨餅がとても有名です。

お手頃価格で日持ちもして、お土産にも最適です。 ここ本店では焼き立てのお餅を食べる事ができる

のですが、やはり出来立てのお餅は柔らかくてとても美味しいです。 お店の名前にもなっている満月

という和菓子もあるのですが、つい阿闍梨餅のほうに手が伸びてしまいます💛

▲top.  comments(0).  trackbacks(0).

錦秋の京都一泊旅行・2日目・その2

🍃詩仙堂🍃

*一乗寺にある詩仙堂、江戸時代初期の文人石川丈山の山荘跡。

 

*庭園には四季折々の草木が植えられています。

 

*詩仙堂の前にある双鳩堂、鳩の形をしたお餅や丁稚羊羹等、とても素朴な和菓子が売られています。

 鳩餅はとてもシンプルな美味しさ、特にニッキ味のお餅が美味しかったです。

▲top.  comments(0).  trackbacks(0).

錦秋の京都一泊旅行・2日目・その1

🍴お部屋からの眺め・ジョバーニで朝食🍴

*お部屋からも八瀬の山里の秋景色が眺められます。

 

*和食が満席で外れたので、ジョバーニでビュッフェスタイルの朝食を頂きました。

 二人だと窓側の席に座れるので、中庭が見えて良い感じです。

▲top.  comments(0).  trackbacks(0).

錦秋の京都一泊旅行・1日目・その6

🍴エクシヴ八瀬到着・翆陽でディナー🍴

やま

*4時半ごろにホテル到着、夕食までの時間中庭を散策、ライトアップされていてとても綺麗でした!

 

*ホテル内の中華料理・翠陽でディナー、半個室の通されて、ゆっくりとお食事できました!

 

*最後のご飯ものがずっと同じものだったのが、一新されていました。

 

*食後ラウンジでティータイム、さり気なくクリスマスツリーが飾られ、窓からは中庭のイルミネーションが

 見えて、とても綺麗でした。

 

🍴メニュー🍴

*個々盛りに仕立てた中国オードブル

*フカヒレのスープ 醤油風味

*揚げ湯葉のクレープ包みと秋の彩り野菜

*海老のチリソース マレーシア風 蒸しパン添え

*飲茶二種

*牛フィレ肉のロースト 黒胡椒ソース

*お食事 紅ズワイガニと九条ネギの中国おこわ or 小さな担々麺

*デザートプレート

 

お泊りはいつものエクシヴ八瀬でしたが、前回訪れたのは6月でしたので半年振りの来訪でした。

ホテル全体はさりげないクリスマスデコレーションで、大人の雰囲気でセンス良く感じられました。

夕食はホテル内の中華レストランで頂きましたが、あっさり味の中華料理で、それぞれのポーションは

少ない目ですが、最後にはお腹いっぱいになり、どれも美味しく頂きました。

次回は年末に娘ファミリーと共に来る事になっているので、こんなにゆっくりとリラックス気分でいら

れないので、今回は思う存分羽を伸ばしてきました💛

▲top.  comments(0).  trackbacks(0).

錦秋の京都一泊旅行・1日目・その5

🍁北野天満宮の紅葉苑🍁

 

*見ごろを迎えた紅葉苑

 

*落ち葉も美しいです!

 

*燃えるような赤!

 

 

 

 

*散策の後、用意されている和菓子とお茶

 

*お茶のお供は老松の北野大茶湯という和菓子

 

まさに見ごろを迎えた北野天満宮の紅葉は、本当に見事でした。

あまりに奇麗なので沢山写真を撮ってしまい、また厳選したつもりですが、こんなに沢山になってしまい

ました。 改めて写真を見ていると、光のせいもあるかと思いますが、同じ紅葉でも随分と色々な色が

あるものだと思いました。

散策の後お茶とお菓子を頂きましたが、ここに初めて来たときにはこの北野大茶湯というお菓子で、とても

美味しくて嬉しかったのですが、その後訪れた時には同じ老松のものでしたが、ふわっとした甘みのある

御せんべいに代わっていて残念でした。 今日はどうかなと思っていたら、この北野大茶湯でしたので、

嬉しかったです。 皮はもちっとしていて、中には白味噌餡が入っており、また餡の中には山椒の粒が少し

入っていて、時々その山椒の味がして、とても美味しいのです。 ひねりを効かせた大人味の和菓子で、私は

大好きですが、シンプル好きの主人はあまり好みではないようです。 この京都の老舗和菓子店である老松

と言えば、夏の限定期間しか販売されていない夏柑糖がとても美味しいです💛

▲top.  comments(2).  trackbacks(0).

錦秋の京都一泊旅行・一日目・その4

🍴エール新町でランチ🍴

*四条烏丸近くのフレンチ「エール新町」

 

🍴メニュー🍴

*小さなオードブル(ホタテのキッシュとフィンガーディッシュ)

*大きなオードブル(主人ー生ハムのサラダ仕立て、私ー海の幸の大理石仕立て)

*焼きたてパン二種

*牛蒡のスープ

*メイン(主人ー特製ハンバーグ、私ーフィレステーキと季節のお野菜)

*デザート(主人ークリームブリュレのバニラアイス載せ、

      私ーデザート三種ーライチのプリン、洋ナシのタルト、クランベリーのシャーベット)

 

この日のランチは四条烏丸近くにあるフレンチ、「エール新町」で頂いてきました。

一休グルメで前々から見ており、何となく気になっていたレストランですが、というのはお料理の見た目が

綺麗で、丁寧に作られている感じがして、また食べログで確かめても良さそうでしたので、行くことに決め

ました。 その大きなポイントはメインの選択肢が10個程あって、ジビエが苦手、子牛が苦手、フォアグラが

苦手、オマール海老にアレルギー有りという色々難しい私達に十分対応できるメニューだったからです。

レストランは少し古い感じがして、あまり広くはありませんでしたが、こじんまりとしていて居心地が良く、

お料理は想像した通り、丁寧に作られており、どれも美味しかったです。

エール室町というレストランと姉妹店らしいですが、また訪れたいと思わせるレストランでした💛

▲top.  comments(0).  trackbacks(0).

錦秋の京都一泊旅行・1日目・その3

👓藤田嗣治展👓

*京都国立近代美術館で開催されていた藤田嗣治展

 

藤田嗣治没後50年を記念して、京都で展覧会が開催されていました。

彼の事は何となく知っていましたが、あまり作品を知らなくて、数年前に調べてとても素敵な作品を

遺した画家である事を知りました。 彼自身の風貌、作品ともに今見ても全然古い感じはなく、とても

お洒落な感じが漂っています。 明治半ばに生まれた彼は、80年の生涯の半分をフランスで過ごしたそうで、

日本では当時あまり認められなく、フランスで彼の才能は花開いたそうです。 20代後半にパリに渡り、

当時はピカソを真似てキュービズムの絵を描いたり、モディリアーニ風の絵を描いたりしたそうですが

(その様な作品も展示されていました。)、次第に彼独特の作風を作り上げていったそうです。

そして彼の代名詞といわれる「乳白色の下地」が見られる絵画ですが、どう見ても水彩絵の具で描いた

ように透明感があるのですが実は油絵で、独特の下地作りを施されて描かれた絵画が沢山展示されていて、

素晴らしかったです💛

▲top.  comments(0).  trackbacks(0).

錦秋の京都一泊旅行・一日目・その2

🍃岡崎公園界隈🍃

*大きな銀杏の木

*平安神宮の鳥居 *府立図書館

*展示されていた市電

 

この日最初に訪れるのは京都国立近代美術館で開催されていた藤田嗣治展でしたので、みやこめっせの

駐車場に車を入れて、出たところにこの大きな銀杏の木が立っていました。 青空に黄色が綺麗に映えて

その下には市電が展示されていました。 私がかつて大学生だった時に、最初の2年間位はこの市電に

乗って通っていましたが、今は地下鉄が走っており、随分と便利になったものだと思います。

その向こうに大きな平安神宮の鳥居が見えました。 この辺りはやはり大学生だった頃に、今では京都

ロームシアターと言いますが、かつては京都会館と言って、大学のオーケストラに入っていた時に

年に3回コンサートに出ていたホールがあり、とても思い出深い場所です💛                   

▲top.  comments(0).  trackbacks(0).
|1/16 PAGE|>>