CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
みんなのブログ
TIME
Search this site


季節ごとに移りゆく花々の日記
陽春の京都旅行・2日目・その2

桜鴨川沿い・半木の道の桜桜

☆比叡山をバックに満開の桜が美しい鴨川沿い桜

 

☆鴨川沿いのソメイヨシノ桜

 

☆半木の道(なからぎのみち)の枝垂れ桜桜

 

 

 

☆結婚式の前撮りをしているカップル、お幸せに〜ハート

 

ホテルを後にして、主人の大好きな神馬堂の焼きもちを買いに上賀茂神社の方に向かったのですが、11時にして

売り切れ・・・丁度前のお客さんが最後だったみたいで残念、諦めきれずに妥協して近くの葵家の焼きもちで

我慢しました花  と言っても葵家には蓬の焼きもちもあるし、十分美味しいのです花

その後鴨川沿いの道を南下すると河沿いに植わった桜通りがあり、少し桜吹雪になっていましたが、十分に綺麗な

桜で、枝もたわわに満開の桜がとても綺麗でした花

その後前もって調べておいた桜の名所・半木の道に行き、そこでは紅枝垂れ桜が満開の一歩手前と言うところで、

その枝垂れている様、少し濃い目のピンク色がとても素晴らしく美しかったです花

この紅枝垂れ桜の木はかつてうちの庭に植わっていた木と同種なので、とても懐かしく、親近感を覚えます花

ソメイヨシノは至る所で見ますが、紅枝垂れ桜がこんな風に並木道として植えられている所はあまり無いと思います花

紅枝垂れ桜は満開よりも七、八分咲きの頃の方が私は好きなのですが、丁度その頃に見られて幸せでしたハート

posted by violet | 11:38 | 京都 | comments(0) | trackbacks(0) |
陽春の京都旅行・2日目・その1

ランチジョバーノで朝食ランチ

☆新緑の美しいエクシヴ八瀬の中庭

 

☆ジョバーノで朝食をした後、ラウンジでティータイムーひたすらゆっくりと過ごす事を楽しむ音符

 

☆満開の桜の中を走り抜ける叡電音符

 

☆中庭を散策

 

前回に引き続き又しても和食が満席でハズレ、ジョバーノでビュッフェ料理の朝食をいただきましたランチ

ここの和朝食がとても良いの対して、洋食はいたって普通なのですが、そのような評判がたっているのか

早く和の方を予約しないとダメなようですランチ

でも今回は大きな窓から見える景色が芽吹き時で、とても綺麗で良かったですランチ 

朝食後とてもお天気が良かったので、中庭を散策しました音符

新緑もとても綺麗だし、あちこちに桜が咲いているし、八瀬の山にも山桜が咲いているのが見えましたハート 

posted by violet | 11:04 | 京都 | comments(2) | trackbacks(0) |
陽春の京都旅行・1日目・その4

ランチ翆陽で中華ディナーランチ

 

ランチメニューランチ

☆真鯛とクラゲの和え物 中華風サラダ仕立て

☆干し貝とフカヒレのスープ

☆変わり揚げ餅と筍の中華風

☆海老の四川風唐辛子炒め

☆牛肉と野菜炒め 香港風ステーキソース

☆香港飲茶三種

☆麻婆豆腐と白御飯 or 南高梅の冷麺

☆チャイニーズデザートプレート

 

お泊りはいつものエクシヴ八瀬離宮で、お部屋で少しゆっくり過ごした後、中華レストランの翆陽で

夕食を頂きました音符  中華と言ってもここはあまりしつこくないお味付けで、量も控えめなので、丁度

良い具合です音符  私はここの南高梅の冷麺が大好きで、ふっくらとした大き目の甘い目の梅を潰して、

冷麺と混ぜていただくと、サッパリとしてとても美味です音符  紫蘇や梅干しが苦手な主人は絶対に選びま

せんが、どうしてこの美味しさが分からないかしらと思ってしまいます音符

この後ラウンジに行って、ゆっくりをお茶を楽しみましたが、最近エクシヴに来る時は大抵孫ちゃん連れ

だったので、この静寂さが良いのか、はたまた寂しいのかよく分からない感情にとらえられましたハート

 

この3枚のライトアップした写真は、ラウンジから見えた中庭の景色で、エゴノキにライトがあてられて

色々な色に変わっていくのが幻想的でとても綺麗です音符

下の写真は昼間に撮ったエゴノキで、うちの庭にも同じ木を今冬植えたばかりなので、とても関心がある

のですが、芽吹きの状態は丁度同じ位で緑のベールがかかった様に見えて、とても綺麗でしたハート

posted by violet | 11:00 | 京都 | comments(0) | trackbacks(0) |
陽春の京都旅行・1日目・その3

音符姉の五十回忌音符

☆比叡山延暦寺大霊園

 

 

☆園内は至る所で桜の花が満開で、綺麗に咲いていました花

 

今回の京都行のメインの目的は、姉の五十回忌の法事をする事でした桜

去年の秋に私の実家の墓を、和歌山からこの比叡山延暦寺大霊園にお引越しをしており、両親と姉の三人が

永代供養墓に眠っております桜  ここでの永代供養とは、墓は比叡山延暦寺が続く限り永遠にお守りして

下さるそうで、墓地も永久的に残り、本堂に収められている位牌も永久的にお守りして下さるそうです桜

法事と言っても主人と私の二人だけでしたが、本堂で御坊様が長いお経を唱えて下さり、丁寧な法事と

なりました(永代供養墓を購入した時に多額のお金を支払っているので)桜

姉の五十回忌という事は、随分若くして亡くなっております桜  そんな姉を見送るのはさぞ辛かったであろう

両親も今は姉と共に眠っています桜

今となっては辛い思い出はもう忘れて、姉と私のヴァイオリンにまつわるお話を書きたいと思いますバイオリン

姉と私は幼少の頃からヴァイオリンを習っており、2歳年上の姉は常に私の習う先の曲を弾いており、私はいつも

それを耳にしているので、曲を憶えてしまっており、ろくに譜読をしないでも新しい曲を弾けてしまうのでしたバイオリン

苦労をしないで弾く私の演奏は、母が「すぐ弾けるようになるけど、音が雑い!」といつも注意をしていたのに

対して、「お姉ちゃんは苦労しているから、音が丁寧で綺麗!」と言われていましたバイオリン

最近になってようやく綺麗な音で弾くという事に目覚めたように思いますバイオリン

そして姉が最後に弾いた曲がモーツアルト作曲「ヴァイオリン協奏曲第5番」なのですが、とても素晴らしい曲で

難曲でもありますが、姉は一生懸命に練習して、発表会で弾いた事を記憶していますバイオリン

そしてその曲は姉と母の葬送の曲として使った思い出深い曲でもありますバイオリン

私も高校生の時に一応この曲を弾いておりますが、私は同じくモーツアルト作曲「ヴァイオリン協奏曲第3番」の

方が少し易しいし、馴染みがありますバイオリン

そういう訳で私にとって永久的に5番はお姉ちゃんの曲、3番は私の曲として位置づけられていますバイオリン

私の葬送の曲はこのモーツアルト作曲の「ヴァイオリン協奏曲第3番」にしてもらいましょうバイオリン

姉の五十回忌の折に、姉とのヴァイオリンにまつわる思い出を語らせて頂きましたハート

posted by violet | 22:54 | 京都 | comments(2) | trackbacks(0) |
陽春の京都旅行・1日目・その2

ランチレストラン「TSUMUGI」でランチランチ

 

☆窓からの景色―近景に紅枝垂れ桜、遠景に東山の山々が見えてとても素敵ですハート

 

☆お庭で咲いていた桜ーとても濃いピンクで珍しい桜

 

音符メニュー音符

☆オードブル―ノルウェ―産スモークサーモン、紅芯大根、ソラマメのピューレ

☆魚料理  ―スズキのポワレ、季節の野菜添え

☆肉料理  ―牛肉のソテー、季節の野菜添え

☆パン   ―2種

☆デザートとコーヒー

 

このレストランは秋に訪れて以来2度目の訪問ですが、窓からの景色がとても良いのが気に入っており、

とても落ち着いた雰囲気でゆっくりとお食事できてなかなか良いと思いますランチ

一休レストランから予約を入れ、出来れば窓側の席を希望と書いておいたのですが、確約は出来ないと

返事があり、期待薄と思っていたのですが、ラッキーな事に窓側の席でしたランチ

最近は段々ワガママになってきて、レストランのお味は無論の事、それ以外に雰囲気、眺め、BGM等が

気になるようになってきましたランチ

お料理も目新しさは無いけれど、普通に美味しかったですハート

 

posted by violet | 22:07 | 京都 | comments(0) | trackbacks(0) |
陽春の京都旅行・1日目・その1

桜岡崎疎水の桜桜

 

 

 

 

☆琵琶湖疏水記念館前の噴水が綺麗桜

 

☆桜の向こうに京都市立美術舘や岡崎動物園の観覧車が見えるし、新芽の青紅葉や柳が美しい!

 

主人と二人で陽春の京都旅行を楽しんできました桜

今年の京都の桜はソメイヨシノの開花が遅れていたので、12日でも丁度満開でとても綺麗でした桜

ランチを京都国際交流会館の「TSUMUGI」に予約を入れておいたので、そこの近くの岡崎疎水の

桜を観賞してきました桜

疎水をゆっくりと下る舟には、沢山の観光客が乗っており、疎水沿いの桜を楽しみながら船に乗って

いたのでしょうね桜  とても春らしい長閑な光景でしたハート

posted by violet | 21:23 | 京都 | comments(2) | trackbacks(0) |
春の京都旅行・二日目・その2

梅城南宮・枝垂れ梅と椿梅

 

 

 

 

☆白、ピンク、濃いピンクの枝垂れ桜が満開で素晴らしい!

☆色々な椿も植わっており、苔の上に落ちた椿も素敵です!

 

☆水も温んで錦鯉が悠々と泳いでいます!

 

方除の神様として有名な城南宮ですが、丁度枝垂れ梅の満開の時期に当たり、とても美しく咲いており、

写真を撮り過ぎたにもかかわらず、どれも捨て難く、いっぱいとなってしまいました梅

枝垂れ梅がこれ程沢山植えられている所は、他には無いのではないでしょうか梅

植物園でも城南宮でも梅の満開の時に訪れる事が出来、梅の花を満喫できましたハート

 

☆大きな写真をご覧になりたい方はデジブック・その74をご覧になって下さい☆

posted by violet | 16:17 | 京都 | comments(0) | trackbacks(0) |
春の京都旅行・二日目・その1

山エクシヴ八瀬離宮山

☆ジョバーノでの朝食

☆ラウンジでのティータイム

☆お部屋の様子

 

お泊りはいつもの八瀬離宮でしたが、朝ご飯は希望だった和食は満席で、仕方なく孫ちゃん達の大好きな

ビュッフェスタイルの朝食となりました音符

私のお隣にはいつもお決まりの二男ちゃんが座り、食べさせるの大忙しでした音符  本当によく食べる子で

こんな小さい体のどこにこんな沢山の食べ物が入るのかしらと思っていたのですが、いつの間にやら足や

腕はカチカチに筋肉がつき、お顔はパンパンになってしまいました音符  いつの日かスッとした体つき、顔つきに

なってくれる事を切に望みます音符  でもよく食べるせいか、いつもパワフルで走りまわっており、子供が

元気でいてくれる事は何よりの事だと思います音符

昨日はバタバタとしていて、ラウンジに行く暇が無かったので、チェックアウトまでに娘とベビタンの三人で

ラウンジでゆっくりとお茶をしてきました音符  そうしている間も何処からともなく「シンカンセ〜ン!」と叫ぶ

声が聞こえてきたかと思うと、次男ちゃんが姿を現しましたが、ジィジが連れて行ってくれて、元の静けさが戻り

ましたハート

posted by violet | 14:12 | 京都 | comments(0) | trackbacks(0) |
春の京都旅行・一日目・その3

ランチゆば泉ランチ

夕食は子供でも大人用を食べられる岩倉にある「ゆば泉」にしました音符

最近ここに来ることが多い様な気がしますが、子供連れだとどこでも良いと言う訳にも行かず、また意外と

お子様ランチはあまりうちの孫ちゃん達は好みません音符

という訳で「ゆば泉」にしたのですが、ここの餡かけ湯葉ご飯はとても美味しいです音符

柔らかい厚みのある湯葉の上に出汁の効いた餡がかかっており、絶妙のお味です音符

子供連れにはお薦めのお店だと思いますハート

posted by violet | 13:55 | 京都 | comments(2) | trackbacks(0) |
春の京都旅行・一日目・その2

花京都府立植物園花

☆クリスマスローズ          ☆クロッカス               ☆スノードロップ

☆黄水仙                ☆チューリップ              ☆クロッカス

☆ストック                ☆クリスマスローズ            ☆パンジー

 

☆木瓜                ☆木瓜                 ☆

☆                  ☆サンシュユ              ☆立像

☆サンシュユ             ☆温室                 ☆木瓜

 

☆梅林

 

☆梅林

 

ランチの後は北山にある京都府立植物園に行きました花

とても広々としていて、車が入って来ないので、子供連れにとっては、有難い場所です花

とてもお天気が良くて、風も無く、暖かで、戸外にいる事がとても気持ち良く、太陽の光をいっぱい浴びて、

楽しいひと時を過ごしました花

ベビタンを除く二人のお兄ちゃん達は、お花そっちのけで、走りまくっていました花

植物園の入り口付近にはカラフルなお花が沢山咲いていて、とても綺麗でしたし、梅林も丁度見頃で

とても美しく、白、ピンク、赤ととても素敵でした花

桜の蕾もかなり膨らんでおり、あと2,3週間もすれば、またこの日とは違う景色を楽しめるのでしょうねハート

 

posted by violet | 19:54 | 京都 | comments(2) | trackbacks(0) |