CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
みんなのブログ
TIME
Search this site


季節ごとに移りゆく花々の日記
6月のうちの庭の花・その3

☔咲きかけの紫陽花☔

 

順序が逆になってしまいましたが、このまだ白い色の残る咲きかけの紫陽花も大好きです。 ここから

徐々に全体に色付いていきます。 毎年思う事ですが、この無数の花の付き方、凄いパワーだと思います。

裏庭でひっそりと人知れず咲く紫陽花ですが・・・💛

posted by Violet | 13:07 | 庭の花 | comments(0) | - |
6月のうちの庭の花・その2

☂紫系と青系の紫陽花☂

*微かではありますが、紫がかった色の紫陽花です。

 

*こちらは真っ青な紫陽花です。

posted by Violet | 09:55 | 庭の花 | comments(0) | - |
6月のうちの庭の花・その1

🌼4色のサフィニア🌼

 

今の季節はサフィニアの成長期でどんどんと花を咲かせています。 ピンク、黄色、薄紫のサフィニアは

去年からの株に一株づつ足すと、プランターいっぱいになって沢山のお花を咲かせています。 濃いブルー

のサフィニアは今年買った新色です。 今年は発根剤のルートンを買って差し芽をしており、これらの

サフィニアもトライしていますが、何本かは上手くついたようです💛

posted by Violet | 11:42 | 庭の花 | comments(0) | - |
5月のうちの庭の花・その14

☔紫陽花咲き始める☔

 

いつの間にか裏庭で紫陽花が咲き始めていました。 挿し木で本数はかなり増やし、地植えの物と鉢植えの

物が結構ありますが、沢山の蕾をつけて咲き始めたのはもともと地植えしている紫陽花です。 やはり挿し木

をしたものは数年たって成長しないと花はつかないのでしょうね。 少し遅れて挿し木した物も、蕾がついて

咲く物もあり、これから先の成長が楽しみです💛

posted by Violet | 11:30 | 庭の花 | comments(0) | - |
万博公園のバラ園

🌹満開のバラ園🌹

 

娘から送られてきた写真ですが、万博公園の中にあるバラ園です。 私が先日行った二ノ切のバラ園は満開の

時を完全に超えていましたが、万博公園はまさに見ごろの時を迎えておりとても綺麗です。 気候もほぼ同じ

だし、バラの種類も同じだと思うのですが、満開の時期が何故これ程に違うのでしょうか。 来年は時期を

気を付けてバラ園を訪れる事にしましょう💛

posted by Violet | 15:43 | 万博公園 | comments(0) | - |
合奏団の活動開始

🎻皆揃って合奏🎻

*去年暮れチェロの先生主催の「年忘れ弾き合い会」での演奏ー先生とのコラボで「ポルウナカベサ」演奏♪

 

3月から3か月にわたって活動停止していた合奏団ですが、やっと来月6月13日から活動を再開する事になり

ました。 もう一人で練習するのには飽き飽きしているので、メンバー皆で集まって練習出来る事に、皆大

喜びしています。 でも合奏出来ない間は色々と工夫して、メトロノームをかけてチャイコフスキーの弦楽

セレナーデのある部分を録音してラインで送り合いをし、例えば2nd バイオリンの録音したものを送って

もらって、その上に1st をのせて録音してまたラインで送り、それにチェロやヴィオラを合わせてもらうと

いうような工夫をして、普段なかなか出来ない練習をする事が出来ました。 かなりゆっくりなところから

少し速いものまで、他の楽器との絡み具合、またどのように入ってくるのか、良い勉強になったと思います。 

その成果があって今度合わせた時に上手くいくかどうか、楽しみでもあります。 とにかく皆顔を合わせて

合奏出来る事がどれ程幸せな事か、今回の事で痛感しました。 とはいうもののコロナの第二波が来るかも

知れないし、それなりの心構えで活動しなくてはなりません。 マスクをして、ソーシャルデイスタンスを

とって、1時間ごとの換気をするなど、細心の注意を払って臨みたいと思います💛

posted by Violet | 00:03 | クラシック音楽 | comments(2) | - |
最近読んだ本

📚カリナン・陽の名残り・宿命📚

*「陽の名残り」の映画の冒頭のシーン(テレビの映像を写真で撮りました)

 

*カリナン・・・・・春江一也

*陽の名残り・・・カズオ・イシグロ

*宿命  ・・・・・東野圭吾

 

最近読んだこれら三冊の本ですが、まず「カリナン」は「プラハの春」の著者・春江一也の書いた本で

やはり外交官として赴任した事のあるフィリピンが舞台となる小説です。 内容的には「プラハの春」程の

感動はありませんでしたが、フィリピンという国を少しは理解できたと思います。 私が元々フィリピンに

対して抱いていたイメージは余り良いものではありませんでしたが、それらはかつての日本が作り上げて

きたもので、そういう先入観で見てはいけない、それは恥ずべき事だと思いました。

「陽の名残り」は先に映画で見てしまっていたのですが、この写真にある屋敷が舞台となり、そこの執事の

目を通して「古き良き時代の英国」が描かれているのですが、実はそれは表向きの事で、この小説に描いて

あるのはすべてパロディーだという書評を読んで驚きました。 そう言えば、徹底してプライドを持って

執事の役目を果たす主人公の姿が、ある意味滑稽な印象を受けました。 彼は我を忘れてあまりに仕事に

没頭するが故に、仕事仲間の女中頭の恋心に気が付かないほどの鈍感な人間として描かれ、また彼が忠誠を

捧げた主人が後にナチス寄りになった人として葬り去られる程度の人間だったという、このような事がパロ

ディーという事なのでしょう。 そしてこの立派なお屋敷もイギリス人からアメリカ人の手に渡るのですが、

この主人公は小説の最後のあたりに、新しい主人のアメリカ人を喜ばすためのジョークを勉強しようと言って

この小説は終わるのです。 「古き良き時代の名残り」に対して郷愁はあるけれど、変わって行かなければ

いけないと決心したのですね。

「宿命」は東野圭吾の作品で、推理小説ではありますが、事件の謎解きよりも人間関係のほうが面白かった

です。 彼の作品は今までに「白夜行」、「秘密」を読みましたが、特に「白夜行」は罪を背負って生きて

行く二人の若者の生き方、悲しいけれども、そうせざるを得ない、その懸命な生き方に心を打たれました。

ドラマでも見ましたが、綾瀬はるかさん、山田孝之さんの演技が素晴らしかったです💛

posted by Violet | 14:20 | 読書 | comments(0) | - |
一心堂のフルーツ大福&アンリのクッキー

📦遅ればせの母の日のプレゼント📦

 

今日は娘は仕事が早く終わったという事で、阪急百貨店に立ち寄って、お菓子を買ってきてくれました。

一心堂のフルーツ大福はとても久し振りでしたが、松竹堂よりも大きくて、食べ応えがあります。 柔らかな

求肥餅の中には赤身メロンがたっぷりと入っていて、とても美味しかったです。 アンリのクッキーも久し振り

でしたが、一つ一つは小さいけれど、ボックスにはしっかりと入っていて、これもまたとても美味なのです。

ご馳走様でした💛

posted by Violet | 17:34 | スィーツ | comments(0) | - |
二ノ切バラ園

🌹豊中市のバラ園🌹

 

5月下旬には絶対に行こうと思っていた豊中市の二ノ切にあるバラ園ですが、どうも少し遅かったみたいで

完全に盛りの時を過ぎていました。 それでも何とかこれ位咲いているバラはあったのですが、何に関しても

一番良い時に当たるというのは難しいですね。 その点マイガーデンのお花達は、咲きかけから一番綺麗な時

まで、時期を気にせず全部見れるから良いですね💛

posted by Violet | 17:23 | うちの庭以外の花 | comments(0) | - |
5月のうちの庭の花・その14

🌺赤い花&白い花🌺

*数年越しの花手毬が沢山のお花を咲かせています💛

*親の代からある30年以上越しのサツキバイ(梅花空木)がほぼ満開となり芳香を漂わせています💛


          

花手毬をいつから育てているのかしらと思い、ブログ内の検索をしてみたところ、一番古いのが2011年で

ボタニカルアートというのを習っていた時の絵が出てきました。 ということは丸9年育てている事にになり

ますね。 そんな前からあったか、あるいは買い直したが記憶が定かではありませんが、でもひょっとしたら

10年目の花手毬なのかも知れません。 ボタニカルアートは性に合わなくて(もっと自由に伸び伸びと描きた

かったです。)、1年でやめてしまいましたが、今見るとちょっと面白いです💛 

posted by Violet | 13:11 | 庭の花 | comments(0) | - |