Flower Reports

季節ごとに移りゆく花々の日記

クリスマスムード満点の食卓

クリスマスクリスマスムード満点の食卓クリスマス

 

 

今日ショッピングに出かけた折に、真っ赤なランチョンマットが目に入って、チョッピリ派手目かとは

思いましたが、クリスマスっぽい食卓を演出するには最適と思われたので買ってきましたクリスマス

その上にシルバーのマットを重ねて、先日箱根ガラスの森ミュージアムで買ってきたガラスツリーを置き、

娘が作った真紅のプリザーブドフラワーを置くと、クリスマスムード満点の食卓が出来上がりましたクリスマス

あとはクリスマス料理ですが、今年は娘が職場復帰しているので、作ってもらえないし・・・まあこの

食卓でお茶でも致しましょうハート

▲top.  comments(0).  trackbacks(0).

4台のヴァイオリンの為の協奏曲 by ヴィヴァルディ

バイオリン大好きな曲の練習バイオリン

今日は私からの発信でアンサンブルの中の4人のヴァイオリンを弾く人(一人は私)に声をかけ、ヴィヴァルディ

作曲の「調和の霊感」の中の作品10である「4台のヴァイオリンの為の協奏曲」の第1回目の練習をしてきましたバイオリン

ヴィヴァルディと言えば「四季」が有名で、他の曲がかすみがちですが、ヴァイオリンを鈴木メソッドの教本で

習ったことのある人にとっては、協奏曲イ短調、ト短調が4巻、5巻にでてくるので、子供の頃から馴染みのある

作曲家ですバイオリン  ヴィヴァルデイはイタリアのヴェニス生まれの作曲家で、赤毛で司祭もしていたそうですバイオリン  

ヴェニスは今訪れてもとても素敵な街ですが、商業ー特に海運業が盛んで発達した街で、そんな街で生まれ育った

作曲家でしたバイオリン  またヴィヴァルディはバッハ、ヘンデルと並ぶバロック音楽後期の作曲家でしたバイオリン

「調和の霊感」には他にも作品8、作品11が好きで、それらは弾いた事がありますが、作品10に関しては4人がヴァイオリンを

ある程度弾けて、しかもこの曲が好きでやりたいと思う人がいなければ成立しないので、今まで実現できませんでしたバイオリン

今回たまたまヴィヴァルディ好きの人が3人いてトライしたいとの事で、もう一人にお願いして何とか成立しましたバイオリン

今日はその第1回目の練習でしたが、やはり異なったメロディを奏でるヴァイオリン4本を合わせるのは大変で、ソロの

部分はそれぞれがもっとしっかりと練習しなければならず、合奏の部分に重点を置いた練習となりましたが、でもその

部分だけでもそれらしき音楽が作れた時はとても楽しかったですバイオリン  道のりは遠いけれど、来年のサマーコンサートで

上手く弾けたらいいなと思いますハート

▲top.  comments(0).  trackbacks(0).

美味しい和菓子

音符仙太郎の「栗・芋どら」と浜幸の「白花栴檀」音符

☆和菓子の美しい断面

 

先日娘の子供3人を預かった御礼にと頂いた仙太郎のどら焼きですが、栗と芋の両方が入っている豪華版で、

余りにも中身が多くてボールみたいに真ん丸になっていました音符  実りの秋らしい欲張りなどら焼きという

感じですが、とても美味しかったです音符  その隣に並んでいるは生協で取り寄せた高知県にある浜幸という

和菓子屋さんの御饅頭ですが、あっさりとした皮むきこし餡を、ふっくらしっとりした山芋の入った皮で

くるんでおり、とても上品な美味しさです音符  どちらも方向性の異なった美味なる和菓子で、とても美味しく

頂きましたハート

▲top.  comments(2).  trackbacks(0).

11月のうちの庭の花・その3

紅葉我が家の秋 vs 我が家の春花

☆うちの庭にある紅葉した木々や木の実達ー秋模様紅葉

 マユミ、  マンリョウ、 センリョウ

 南天の実、南天の葉、 トキワマンサクの葉

 南天の葉、南天の実、 ドーダンツツジ

 

☆半月前位に買ってきたお花達ーまだ暖かいので沢山お花が咲いていますー春模様花

 

カナダや箱根の秋を楽しんでいるうちに、うちのお庭にもしっかりと秋が訪れていました紅葉

マユミの実は以前から色付いていましたが、その実が弾けて中から真っ赤な実が顔をのぞかす時期が

あるのですが(下の写真)、すでにほとんどが弾けて中の実が飛んでしまっていましたイチョウ  

真っ赤な実が見えるマユミはとても可愛いので、それを見逃してしまったのはとても残念です紅葉

センリョウやマンリョウもいつの間にか緑色から、赤く色付いており、お正月が近づいて来た事を感じ

させてくれます紅葉  トキワマンサクの葉も、とても素敵な琥珀色に色付いています紅葉

春用に買ってきたお花達も今はまだ暖かいので、沢山のお花を綺麗に咲かせてくれて、お庭を華やかに

してくれています花  今しばらくは秋の雰囲気も、春の雰囲気も楽しめそうですハート

 

ハート2011年のマユミハート

実が弾けて中から可愛い真っ赤な実が顔を覗かせているところハート

毎年写真を撮っていますが、この時が一番綺麗にとれましたハート

▲top.  comments(0).  trackbacks(0).

11月のうちの庭の花・その2

花カラフルなお花達花

☆アザレア(右上)も咲きだし、とてもカラフルなマイガーデン花

▲top.  comments(0).  trackbacks(0).

デジブック・その86

紅葉紅葉紅葉錦秋の箱根旅行紅葉紅葉紅葉  〜紅葉・美食・美術の旅・2017年秋〜

 

音符BGM−マスカーニ作曲「カバレリア・ルスティカーナ」音符

 音声をonにし画像を最大限に大きくして、美しい旋律に耳を傾けながらご覧になって下さい紅葉

▲top.  comments(0).  trackbacks(0).

ランチ会 at いけうち

ランチ「和ごころ・いけうち」でランチ会ランチ

 

 

昨日は私のママ友、つまり娘の中学、高校時代の友人のお母様と2年振りにランチ会をしました音符

小学4年生から塾通いをさせ、その送り迎えの為に、私の不得意分野である運転免許を必死の思いで取り、親子共々

一生懸命に頑張った中学受験でしたが、無事成功し娘は中高一貫校に通いました音符 (25年以上も前の話で、私が

超教育ママだった時代の話ですー懐かしい!)

中学受験はまだ子供があまり意識づいていないので、母親も頑張らなくてはならず、そんな時代のママ友は戦友の

ようでもあり、今でも時々お会いしています音符

「和ごころ・いけうち」でランチをしましたが、いつも通り軽い目ですがどれも美味しく頂き、その後うちでティータイムを

楽しみ、娘や息子達の事、孫ちゃんの事(三人とも小1の孫がいます)で話に花が咲きました音符  

テーブルの真ん中には箱根ガラスの森美術館で買ってきたガラスツリーを飾っていましたが、とても評判が良かったですハート

▲top.  comments(0).  trackbacks(0).

錦秋の箱根旅行・三日目・その3

花町立湯河原美術館花

☆見事な屏風絵、右上はエクシヴ湯河原離宮のフロントの絵と同じではないけれどよく似ている音符

 フランスのジヴェルニーにあるモネの庭の睡蓮や柳を描いた屏風絵音符

 

☆デザイン化された絵も多いが、よく見ると桜の花が細かく描かれていたり、つゆ草がさりげなく

 描かれていたりする音符

 

☆湯河原の和菓子の老舗「小梅堂」でキビ餅を買う音符

 

☆レンタカーを返却した後、熱海の駅ビル内の甘味処で餡みつと磯部巻を頂いて、列車の時間待ち音符

 

今回の旅行の最後となりましたが、町立湯河原美術館を訪れ、琳派モダンの平松礼二氏の華麗なる

屏風絵を鑑賞してきました音符  これらの絵は日本画で、学芸員の方が詳しく日本画の描き方を説明

して下さいました音符  高校の選択科目で私は油絵を描いていましたが、友人が日本画を描いていたので

ニカワを溶いて絵具を作る作業を付き合ったりしていたので、懐かしい思いでお話を聞いていました音符

湯河原はひなびた温泉地で、熱海のように賑やかではないので、多くの文人や画家が滞在し、創作活動に

励んだそうで、そうした画家達の中で竹内栖鳳、伊藤深水の絵も常設展で鑑賞してきました音符

今回の箱根旅行は素晴らしい紅葉と美味しいお料理、そして素晴らしい絵画との出会いもあり、とても

盛り沢山の充実した旅となりましたハート(the end)

▲top.  comments(0).  trackbacks(0).

錦秋の箱根旅行・三日目・その2

花エクシヴ湯河原離宮の中の琳派花

 

二泊目に宿泊したエクシヴ湯河原離宮は琳派モダンをテーマとしたインテリアが随所に使われており、

最近琳派が改めて注目されて、日本各地で展覧会がよく開かれていました花

琳派と言うものを何となくは知っているものの、これを機会にどういうものなのか調べてみました花

 

大和絵伝統を基盤として、豊かな装飾性・デザイン性をもち、絵画を中心として工芸を統括する総合性、

家系ではなく私淑による断続的な継承、などが特質として挙げられる。光琳が宗達に、抱一が光琳にそれぞれ

傾倒し、その影響を受けている。狩野派円山・四条派といった他の江戸時代の流派は、模写を通じて直接から

画技を学んだのに対し、琳派では時間や場所、身分が遠く離れた人々によって受け継がれたのは、他に類を見ない

特色である[1]。同じような主題や図様、独特の技法を意識的に選択・踏襲することで流派のアイデンティティー

保持する一方で、絵師独自の発見と解釈が加わり再構成されることで、単なるコピーエピゴーネンではない新たな

芸術を生み出した

                                               Wikipediaより

 

☆私淑ー(私が淑(よ)しとする意)直接教えを受けてはいないが、その人を慕い、その言動を模範として学ぶ事。

 

エクシヴ湯河原離宮で用いられている絵は日本画家の平松礼二氏が描いたもので、町立美術館で「琳派モダンー

屏風絵展」が開かれていたので訪れてきましたハート

▲top.  comments(0).  trackbacks(0).

錦秋の箱根旅行・三日目・その1

ランチイタリアンレストラン・マレッタで朝食ランチ

☆アメリカンブレックファストでコース仕立てになっており、リッチは気分でいただける音符

  レストラン内は青がポイントとして使われており、素敵な雰囲気音符

 

 

朝食は洋食だとビュッフェスタイルのものが多いですが、エクシヴの場合はホテルによってはコース

仕立ての朝食もあり、とても落ち着いた雰囲気の中でゆっくりとお食事が出来ます音符

ピンクグレープフルーツジュースに始まり、薩摩芋のポタージュ、生ハムのサラダ、湯葉入りオムレツ、

ホットサンドイッチ、デザート、コーヒーとゆっくりと時間をかけて頂きました音符

普段朝食はいい加減にしているので、たまにはこんな贅沢な朝食も良いものですハート

▲top.  comments(0).  trackbacks(0).
|1/166 PAGE|>>